About

教育関係者、保護者の方々へ

1.innovationGO とは

U-18が全国を舞台にイノベーションに挑むことで、自ら「問いをみつけ」、「問いをかたちにし」、「心のエンジンを駆動させる」探究型オンライン教育プログラムです。

FINDコースでは、全国各地をオンラインでつなぎ、さまざまなひと・もの・ことに出会う体験を通じて、自分がどういうことにワクワクするかがわかることを目指します。

MAKEコースでは、オンラインでプロジェクトを立ち上げ、コンテストに挑む体験を通じて、自分がどんな未来を描きたいのかがわかることを目指します。

それぞれの2つのコースを通じて、心のエンジンが駆動している状態を「innovationGO フェス」で仲間たちと共に全国に伝えます。

2.プログラムの背景・得られる力

だれもが自分の旗を立てられる世界とは?

もし、だれもが「好きなことで、生きていく」ことができたなら。そんな世界になったなら、きっと世の中がもっと楽しくなるはず。「好きなことで、生きていく。」とは、自分のとっておきの旗をもち(=自分の好きの認知)、まだだれも立てていない場所にその旗を立てること(=イノベーション)。つまり、自分が好き、やってみたいにワクワクし、まだ見ぬ未来をつくっていくこと。

しかし、多くのU-18には、自分の好き、やってみたいがわからないことに悩む姿が見られます。それはきっと、いきなり自分がなにが好きなのかを探したり、自分探しをしてしまうからではないでしょうか。しかし、本当にそれでみつかるのでしょうか。

私たちは、「イノベーションを考え、実現に向けたチャレンジをしてみる」からはじめることが重要だと考えています。まずは地域(外面)のイノベーションに挑み、新しい価値を生みだす(①価値創造)ことで、その地域のひと・もの・ことを理解しようとすることにつながります(②他者理解)。それによって今度は自分(内面)に対して、どうだろうか(③自己理解)と考えるようになります。そして、自分に対する理解がすすめば、「自分がどんな未来を描きたいのか」が分かる(④自己変容)にいきつき、この思考がさらには再び地域に対してイノベーションに挑むことにつながるのではないかと考えています。この一連のサイクルこそが「心のエンジンが駆動する」ということですinnovationGOが全国のU-18の心のエンジンが駆動するためのキッカケになることを目指しています。

3.学校への導入

innovationGOは、学校と連携し、校内の総合的な探究の授業や修学旅行の新しい形として展開する「innovationGO for school」の導入も行っていきます。生徒たちがいまいち探究の授業に対するやる気が上がらない、そもそもプロジェクトをどのように立ち上げればいいかわからないなどの授業における悩みへの解決策として。生徒がまだ行ったことのない修学旅行先への興味・関心をもってくれない悩みの解決策としたプレ修学旅行として。さらには、限られた時間でも生徒に1つの地域ではなく複数の地域に触れ、視野を広げてもらいたいという新しい形の修学旅行として。お困りの先生や保護者の方々のお力に、innovationGO for schoolがなれればと考えています。導入についてご興味・ご関心がある場合は、「お問い合わせ」よりご連絡ください。

4.運営チームについて

innovationGOは、団体の垣根を超えたひとつのチームで運営しています。※敬称略

ローカルパートナー
一般社団法人未来の準備室 / 一般社団法人まるオフィス / 一般社団法人まなびのみなと / 合同会社パンゲア / 株式会社TOYAMATO / 一般社団法人NEST

テーマ協力
渡邊高章(白河だるま総本舗) / 斎藤 大悟(株式会社かねせん) / 岩崎 亜紀(岩崎農園)/ 大澤夏珠(ファッションデザイナー) / 大下 哲治(メイちゃん農場) / 渋谷 肇(渋谷カバン)

SPECIAL THANKS
小野田 峻 / 鈴木 基芳 / 成澤 千代子 / 山科 考穂 /

本事業は、「一般財団法人 三菱みらい育成財団」の助成を受けて実施しています。